スポンサーサイト

  • 2016.08.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違い

賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違いは資格を認定する団体になります。

賞状書士の認定級数を認定する団体は日本筆耕技能協会です。

賞状技法士の認定級数を認定する団体は日本賞状技法士協会です。

賞状技能士を認定するのは厚生労働省です。

書道師範の認定で知られているのは日本書道教育学会や東京書道教育会になります。

賞状書士の詳細は日本筆耕技能協会のホームページで確認できます。

賞状技法士の詳細は日本賞状技法士協会のホームページで確認できます。

賞状技能士の詳細は厚生労働省の技能士紹介のサイトで確認できます。

書道師範の詳細は日本書道教育学会や東京書道教育会のホームページで確認してください。

次に、賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違いを紹介します。

1)民間資格と公的資格

賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違いを紹介します。

賞状書士・賞状技法士・書道師範は民間団体が認定する民間資格です。

賞状技能士は厚生労働省の技能士検定になります。

賞状書士・賞状技法士・書道師範や賞状技能士を取得する目的は、美しい毛筆文字やペン字の知識と技法レベルの証明です。

毛筆文字やペン字の知識と技法レベルを証明できれば筆耕の仕事に役立ちます。

筆耕とは写字や清書や文筆の仕事になります。

ITの発展と普及により美しい毛筆文字やペン字を書ける人が減り続けています。

印刷文字が溢れている現代でも手書き文字でなければならない書類も多数あります。

筆耕の仕事には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞の毛筆書きや表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書の毛筆書きがあります。

民間資格でも公的資格でもよいので取得してみませんか。

資格勉強の過程で美しい毛筆文字やペン字の知識と技法を身につけられます。

2)賞状技法士

賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違いの中で賞状技法士の紹介をします。

賞状技法士は日本賞状技法士協会の認定級数になります。

日本賞状技法士協会の認定級数は5段階あります。

賞状技法士1級・賞状技法士準1級・賞状技法士2級・賞状技法士3級・賞状技法士準3級になります。

賞状技法士準3級は書道入門の認定級数です。

賞状技法士準3級を取得すれば日々の暮らしに役立つ美しい書法を身につけられます。

3)書道師範

賞状書士と賞状技法士、賞状技能士、書道師範の違いの中で書道師範の紹介をします。

書道師範の名称は日本書道教育学会や東京書道教育会の講座を受講することで取得できます。

日本書道教育学会は公益財団法人です。

日本書道教育学会で書道師範を目指すには全国の書学院で学ぶ必要があります。

日本書道教育学会の書学院に入学して書道師範を目指す人もたくさんいます。

書道師範を目指すには上級指導者について長期間学習することが必要になります。

日本筆耕技能協会で賞状書士の詳細を確認したら「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講しませんか。

日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)の取得は筆耕に役立ちます。

表彰状・感謝状・賞状・卒業証書・あて名書き・表書き・年賀状・結婚招待状・案内状などの毛筆書きや、ペン字(ボールペン)による代筆や代書などの仕事が増えています。






賞状書士の魅力・メリット

賞状書士の魅力・メリットは美しい手書き筆文字で周りを喜ばせることができることです。

パソコンやスマートホンなどのIT機器の発展と普及で手書き文字を書く機会が減っています。

筆文字やペン字を書く機会が減った現在でも、美しい文字を書ける人は重宝されています。

美しい文字を書ける人は筆耕で稼げます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座は通信教育です。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の通信教育システムは優れています。

日本筆耕技能協会のホームページに賞状書士の詳細が紹介されています。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で毛筆・ペン字の知識と技法を学んで日本筆耕技能協会の認定級数を取得しませんか。

日本筆耕技能協会の認定級数には賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級があります。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得していれば毛筆・ペン字の知識と技法レベルを証明できます。

筆耕で稼ぎたい女性には日本筆耕技能協会の認定級数の取得をおススメします。

次に、賞状書士の魅力・メリットを紹介します。

1)美しい手書き筆文字

賞状書士の魅力・メリットは美しい手書き筆文字を役立てられることです。

パソコンやスマートホンなどのIT機器の発達と普及で文字を手書きする機会は減りました。

手紙やハガキなどの多くは電子メールになりました。

紹介状や案内状の多くはパソコンとプリンターを使えば簡単に処理できます。

電子メールや簡単印刷が普及しても手書き文字が必要な場面はあります。

のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状などには毛筆やペン文字が必要になります。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で毛筆やペン文字の知識と技法を学んでください。

2)副業に役立つ

賞状書士の魅力・メリットは副業に役立つことです。

筆耕専門会社では美しい手書き筆文字やペン字を書けるスタッフを求めています。

筆耕専門会社の業務には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書の毛筆書きや、のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・転勤・退職等の挨拶状・結婚招待状・案内状の毛筆書きなどがあります。

最近は幼稚園や小学校の入学願書や志望動機などのペン字の代書・代筆などの業務も増えているようです。

筆耕を副業として稼ぎたいなら、日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)の取得をおススメします。

3)独立開業

賞状書士の魅力・メリットは独立開業できることです。美しい手書き筆文字の知識と技法があれば筆耕専門業務で独立開業できます。

筆耕で独立開業するには、美しい手書き筆文字の技法レベルをアピールする必要があります。

日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)を取得しませんか。

日本筆耕技能協会の賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級を取得すれば毛筆・ペン文字の技法レベルを証明できます。

美しい手書き筆文字のレベルアップなら、「がくぶん」の実用賞状書士養成講座をおススメします。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を利用すれば日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)の認定試験対策に役立ちます。

賞状書士の詳細を日本筆耕技能協会のホームページで確認したら、「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講してください。

通信教育講座で美しい手書き筆文字の知識と技法を学べば、日本筆耕技能協会の認定級数の認定試験をクリアできます。

美しい手書き筆文字は日常生活で役立つだけでなく、筆耕の副業や独立開業にも役立ちます。







賞状書士になる方法

賞状書士になる方法では、「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講するのがベストだと考えられます。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の通信教育講座は、初心者でもスムーズに学習を進められるような通信教育システムになっています。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で筆文字を学びませんか。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座のサイトや日本筆耕技能協会のサイトで賞状書士の詳細を確認できます。

「賞状書士」の資格は日本筆耕技能協会が認定します。

「賞状書士」の資格は会計士や弁護士などのような国家資格や公的資格ではありませんが筆文字のレベルを証明できます。

日本筆耕技能協会の認定資格には賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級があります。

賞状書士3級の認定試験には受験資格はありません。

賞状書士2級の認定試験の受験資格は賞状書士3級取得です。

賞状書士1級の認定試験の受験資格は賞状書士2級取得です。

「がくぶん」の通信教育の実用賞状書士養成講座を受講して筆文字の達人になりましょう。

次に、賞状書士になる方法を紹介します。

1)日本筆耕技能協会

賞状書士になる方法は日本筆耕技能協会の認定試験に合格することです。

筆文字を学んで日本筆耕技能協会の賞状書士3級・賞状書士2級・賞状書士1級を取得しませんか。

日本筆耕技能協会の賞状書士3級の認定試験には受験資格はありません。

受験希望者の人は日本筆耕技能協会の「受験願書」に必要事項を記入捺印して受験料を添えて申し込みすれば試験課題が送られてきます。

認定試験の審査で合格判定されれば賞状書士3級の技能認定証を取得できます。

認定試験対策には「がくぶん」の実用賞状書士養成講座の受講をおススメします。

通信教育講座で正しい筆文字を学んで認定試験合格レベルになりましょう。

2)実用賞状書士養成講座

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で筆文字を学ぶことが最適な賞状書士になる方法だと考えられます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座では原寸大の実際の賞状見本を使用します。

筆文字の文例などのお手本を豊富に使いながら正しい筆使いを学びます。

一流師範によるていねいな朱筆指導なので、筆文字初心者でも毛筆筆耕のあらゆる仕事がこなせる知識と技法を身につけられます。

3)知識と技法

賞状書士になる方法では「がくぶん」の通信教育の実用賞状書士養成講座の受講をおススメします。

賞状書士の知識と技法は一度技能を身につければ生涯レベルアップを続けられます。

筆一本で生涯にわたって自宅で仕事が続けられます。

賞状書士の知識と技法は冠婚葬祭や表彰式などでの筆文字に活かせます。

心をこめて書いた文字が収入に結びつくので、やりがいある仕事になります。

美しい筆文字を実益に結び付けられます。

賞状書士の詳細を「がくぶん」の実用賞状書士養成講座や日本筆耕技能協会のサイトで確認してください。

通信教育講座で筆文字の知識と技法を身につけて賞状書士3級・2級・1級の認定試験に合格してください。







賞状書士の給料・年収・初任給

賞状書士の給料・年収・初任給は就労スタイルで違います。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得して筆耕の仕事をしませんか。

認定級数には賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級があります。

認定級数を取得していれば筆耕会社への就活で有利になります。

日本筆耕技能協会のホームページには賞状書士の詳細が紹介されています。

日本筆耕技能協会のホームページを覗いてみませんか。

認定級数を取得する方法は通学制の講座で学ぶ方法と通信教育講座を利用する方法があります。

家事や育児や会社勤務で通学制の講座に通えない人には通信教育講座の利用をおススメします。

通信教育講座を選ぶなら伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」をおススメします。

「がくぶん」の通信教育講座には実用賞状書士養成講座があります。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座は、日本筆耕技能協会の認定試験に対応しています。

通信教育講座であれば家事や育児の合間のスキマ時間を利用してマイペース学習ができます。

会社勤務で通学制講座に通う時間がなくても、通信教育講座であれば日曜や祭日などの休日や早朝・深夜を利用して学べます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で美しい毛筆文字・ペン字の知識とノウハウを学んでみませんか。

次に、賞状書士の給料・年収・初任給について考えます。

1)賞状書士の給料

賞状書士の給料・年収・初任給は実力に応じて変化します。

就労スタイルや勤務スケジュールでも変わります。

筆耕で稼ぐには美しい毛筆文字・ペン字の知識と技法をアップすることが大切です。

我流の毛筆文字やペン字では上位レベルになるのは難しいですね。

正しい知識と技法を学びませんか。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を利用すれば、毛筆文字・ペン字を基礎から正しく学べます。

一流師範による朱筆指導により通信教育講座で、日本筆耕技能協会の認定級数の認定試験をクリアできるレベルになれます。

2)高レベルで稼ぐ

日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)を取得すれば筆耕専門会社への就活も有利になります。

認定級数のレベルに応じて賞状書士の給料・年収・初任給も変わります。

認定級数を取得していない人は、日本筆耕技能協会の賞状書士3級を取得しませんか。

賞状書士3級は賞状書士2級の受験資格になります。

賞状書士2級は賞状書士1級の受験資格になります。

資格レベルをアップして賞状書士の給料・年収・初任給もアップしましょう。

3)高報酬のために

日本筆耕技能協会の認定級数のレベルをアップすれば毛筆文字・ペン字の知識と技法に優れていることが証明できます。

賞状書士3級よりも賞状書士2級の賞状書士の給料・年収・初任給などの報酬が多くなるのは当然です。

高報酬を得たいなら日本筆耕技能協会の認定級数を賞状書士1級にすることです。

まず、賞状書士3級を取得しましょう。

賞状書士3級の認定試験対策は通信教育講座を利用した自宅学習をおススメします。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を利用した自宅でのマイペース学習で認定試験をクリアできます。

賞状書士の詳細は日本筆耕技能協会のサイトで確認できます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を利用したマイペース学習で日本筆耕技能協会の認定級数を取得しませんか。

筆耕で高報酬を得るには賞状書士1級や賞状書士2級レベルになるのが確実です。

最初のステップは賞状書士3級の取得です。




賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)

賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)は、勤務スケジュールや就労スタイルで変わります。

筆耕の会社の就労スタイルには、フルタイム・パートタイム・アルバイト・内職スタイルなどがあります。

美しい毛筆文字やペン字が書ける人は独立開業して稼いでいる人もいます。

美しい毛筆文字やペン字の知識や技法を学んで筆耕で稼ぎませんか。

美しい毛筆文字やペン字の知識や技法は「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で学べます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座には、賞状書士の詳細が紹介されています。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講して、日本筆耕技能協会には認定級数を取得しませんか。

日本筆耕技能協会の認定級数には、賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級があります。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得するには、賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級の認定試験をクリアする必要があります。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講して美しい毛筆文字やペン字の知識や技法を学んでください。

次は、賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)は紹介します。

1)賞状書士の勤務時間

賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)は勤務スタイルや就労スタイルで違います。

筆耕の会社の仕事には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書などの毛筆書きがあります。

のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・転勤・退職等の挨拶状・結婚招待状・案内状の毛筆書きの仕事もあります。

ペン字の代筆や代書の仕事が最近は増えているようです。

2)ホームオフィス

ホームオフィススタイルの賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)は会社勤務と同じです。

通勤時間や雑用が発生しないので効率よく筆耕に集中できます。

ホームオフィスでの筆耕では仕事のメリハリをつける必要があります。

成果スタイルの場合仕事量が多くなる可能性があります。

正しい生活習慣を考えた勤務スケジュールで効率よく仕事を処理することが大切です。

3)請負スタイル

請負スタイルの筆耕をしている賞状書士の1日のスケジュール(勤務時間)は、受注量の増加に注意する必要があります。

仕事を請負し過ぎて納期を守れないなどのミスに注意しましょう。

体調不良や突発事故でも請負った仕事を処理できるような勤務スケジュールにすることが大切です。

日本筆耕技能協会のサイトで賞状書士の詳細を確認できます。

日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)を取得者の勤務スケジュールは、勤務スタイルや就労スタイルで変わります。

ホームオフィスでの請負スタイルでは仕事量の増加に注意が必要です。





賞状書士の求人・職種・勤務先

賞状書士の求人・職種・勤務先には筆耕を業務にする会社があります。

個人事業主として筆耕で稼いでいる人や、美しい手書き筆文字を指導する教室などの経営もあります。

美しい手書き筆文字は一般企業の総務や秘書課などの部署でも重宝されます。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得すれば、美しい手書き筆文字の技法レベルを証明できます。

筆耕を仕事にする人だけでなく一般事務スタッフとして働く時にも美しい手書き筆文字の技能は役立ちます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講しませんか。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の通信教育システムは優れています。

通学制の講座や教室に通えない女性におススメします。

賞状書士の詳細は、日本筆耕技能協会と「がくぶん」の実用賞状書士養成講座のサイトで紹介されています。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得した賞状書士の筆耕には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書の毛筆書きだけでなく、のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・転勤・退職等の挨拶状・結婚招待状・案内状の毛筆書きもあります。

幼稚園や小学校の入学願書や志望動機などのペン字(ボールペン)の代書・代筆などの筆耕も増えています。

次に、賞状書士の求人・職種・勤務先について紹介します。

1)筆耕の専門会社

賞状書士の求人・職種・勤務先には筆耕を業務としている専門会社があります。

筆耕を専門業務としている会社では毛筆書き・ペン字などいろいろな仕事があります。

・挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書などの毛筆書き

・のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・転勤・退職等の挨拶状・結婚招待状・案内状などの毛筆書き

・幼稚園や小学校の入学願書や志望動機などの代書や代筆などのペン字などです。

筆耕専門の会社への就活には日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)取得が役立ちます。

2)個人事業主

賞状書士の求人・職種・勤務先には個人事業主もあります。

筆耕の技法レベルアップのために筆耕の個人事業主に弟子入りするケースもあるようです。

筆耕の仕事をしながら美しい手書き毛筆の技法レベルをアップすれば独立開業もできます。

筆耕の仕事を始める最初のステップは、「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で毛筆文字の知識と技法を学んで日本筆耕技能協会の認定級数の賞状書士3級を取得することです。

賞状書士3級を取得して筆耕の仕事で技法をレベルアップして賞状書士2級や1級を取得してください。

3)一般事務スタッフ

賞状書士の求人・職種・勤務先には一般の会社もあります。

規模が大きい一般の会社では、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・案内状などの毛筆書きの仕事があります。

美しい手書き筆文字が書ければ重宝されます。

一般事務スタッフとして採用された人の中には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞・表彰状・感謝状・賞状・のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・案内状などを業務にしている人もいます。

賞状書士の詳細は日本筆耕技能協会のホームページと「がくぶん」の実用賞状書士養成講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で美しい手書き筆文字の知識と技法を習得してください。

知識と技法は筆耕専門会社や個人事業主での筆耕だけでなく、一般事務の仕事でも役立ちます。





賞状書士の仕事内容

賞状書士の仕事内容には、挨拶状・祝辞・弔辞・謝辞の毛筆書きや、表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書の毛筆書きがあります。

のし袋・目録・リボン・あて名書き・表書き・年賀状・転勤・退職等の挨拶状・結婚招待状・案内状の毛筆書きもあります。

最近は入学願書や志望動機などのペン字の代書・代筆の筆耕もあるようです。

筆耕の仕事を始めるなら日本筆耕技能協会の認定級数の賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級を所持していると役立ちます。

日本筆耕技能協会の認定級数取得には認定試験をクリアする必要があります。

日本筆耕技能協会の認定試験対策なら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

賞状書士の詳細は日本筆耕技能協会ホームページで確認できます。

日本筆耕技能協会の認定級数のことが分かったら「がくぶん」の実用賞状書士養成講座を受講してください。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座は、日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)の認定試験に対応しています。

養成講座は通信教育なので、自宅でのマイペース学習で美しい手書き筆文字の知識と技法を学べます。

次に、賞状書士の仕事内容を紹介します。

1)表彰状・賞状などの筆耕

賞状書士の仕事内容には、表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書などの毛筆書きがあります。

ネットで紹介してある筆書き筆耕の会社の単価を紹介します。

賞状筆耕の単価は130字以内で2800円程度のようです。

受賞者の指名は120円・生年月日や受賞年月日は2か所で150円などと表示してあります。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で美しい筆文字の知識と技法を学びませんか。

美しい筆文字の技法は筆耕で活かせます。

2)結婚招待状・案内状

賞状書士の仕事内容には、あて名書き・表書き・年賀状・転勤や退職時の挨拶状・結婚招待状・案内状の毛筆書きがあります。

筆耕会社の単価を紹介します。

宛先住所と個人名は100円/枚・個人名のみは80円/枚・招待状カードの名入れ50円/枚などです。

筆耕の仕事をするのには日本筆耕技能協会の認定級数が役立ちます。

日本筆耕技能協会の認定級数には賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級があります。

日本筆耕技能協会の認定級数を取得して筆耕で稼ぎませんか。

3)代筆・代書

最近の賞状書士の仕事内容には幼稚園・小学校受験での志望校の願書や志望動機の代筆・代書があります。

志望校の願書や志望動機はペン字(ボールペン)による代筆や代書になります。

代筆・代書のペン字(ボールペン)の1文字の料金は10円です。

「がくぶん」の実用賞状書士養成講座で美しい筆文字の知識と技法を習得して日本筆耕技能協会の認定級数(賞状書士1級・賞状書士2級・賞状書士3級)を取得すれば、代筆や代書でも稼げます。

賞状書士の詳細は日本筆耕技能協会のホームページと「がくぶん」の実用賞状書士養成講座のサイトで確認してください。

美しい手書き筆文字の知識と技法を習得すれば、表彰状・感謝状・賞状・免状・卒業証書・あて名書き・表書き・年賀状・転勤や退職時の挨拶状・結婚招待状・案内状などの毛筆書きや、志望校の願書や志望動機などのペン字(ボールペン)による代筆や代書の筆耕で役立ちます。